Blog categories

Comments

お薬を使わない診療所

名古屋まごころ診療所

みんなで作り上げた、みんなのための診療所ができました。

みんなで作り上げた
みんなのための診療所ができました。

新着・お知らせ

わたしたちの思い

多くのママたちが、社会的に診断書を求められる場合や、学校に提出する書類が必要な場合も多く、それらを書いて下さる信頼できるクリニックがなかなか無く、また、そのために行ったクリニックで投薬を勧められたり、無駄な検査に回されたり、予防接種していないと叱られたり・・・。そんな事が続いたりすると、やっぱり子育てのママたちは、落ち込んだり、本当に自分の選んだ道は間違い無いのか?と不安になったり。。

そんな姿をずーーっと見て来ました。

また、発達障害の疑いという名目で、精神科受診や投薬を勧められ、そのままクスリ漬けになる子どもたちも見て来ました。本当にクスリなんて必要無い子どもたちなのに。学校や公的なところから、子どもを診察に!と勧められて、行く先のクリニックでクスリ漬けになるかどうか?が決まります。学校や保育園や幼稚園から、アトピーが酷いから医者へ行ったら?と言われ、行く先の医師で対処が変わるんです。受け皿が無いと、ママも行き場が無いんです。

だから、この診療所を作りました。

皆さまが欲するものを、提供出来れば、と思っています。
どうぞ、日本一身体の自己治癒力を発揮させる診療所を、皆さまのために活用ください。

名古屋まごころ診療所
事 務 局 長   比嘉    浩二
マネージャー  比嘉眞紗子

担当医紹介

Image module

■院長:増田さやか(精神科医)
■プロフィール:
・1989年   奈良県立医科大学 医学部 卒業
・1989年6月〜10月  浜松医科大学医学部附属病院 精神科
・1989年11月〜1990年3月  神経科浜松病院 精神科
・1990年4月〜1990年8月  聖明病院 精神科医
・1990年9月〜1997年11   京ヶ峰岡田病院 精神科
・1997年〜1998年   糸満晴明病院 精神科
・1998年4月〜2005年3月   小曽根病院 精神科
・2005年4月〜2015年4月   京ヶ峰岡田病院 精神科医

Image module

■副院長:田中佳(内科医)
■プロフィール:
・1985年 東海大学医学部卒業
・1990年 同大学付属病院脳神経外科助手、その後市中病院にて急性期医療に携わる
・1994年 悪性脳腫瘍の研究により、医学博士取得。日本脳神経外科学会認定専門医
・2009年 日本抗加齢医学会認定専門医
・2012年 直傳靈氣療法師(じきでんれいきりょうほうし)
・2013年 整膚師(せいふし)
・2017年 ISBA(国際シンギングボウル協会)上級認定および認定プレーヤー
・2018年 ドクターホメオパス(ハーネマンアカデミー卒業)現在は主に、全国で健康になるための方法を伝える講演活動に取り組む。

Image module

■非常勤医師:田中 一(医学博士)
■プロフィール:
・1994年 和歌山県立医科大学卒業、第二外科(消化器外科)入局。手術、抗がん剤などの通常治療、がん免疫療法の研究に携わる。和歌山医大大学院卒、米国Vanderbilt大学医学部研究員(腫瘍免疫学部門)、国立南和歌山医療センター外科担当。
・ 2004年 赤目養生所 所長
・2008年 きのくに漢方クリニック 開設。
・2008年~和歌山YMCA国際福祉専門学校 介護福祉科 非常勤講師
・2010年~ケール健人の会 顧問
・2010年~e-クリニック スタッフ医師
・2011年4月~ IGTクリニック 非常勤医師
・2011年6月~ 伊賀有機農業推進協議会 顧問
・2014年2月~2015年10月JA和歌山 産業医

アクセス・お問合せ

名古屋まごころ診療所
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅5丁目31-5
総合案内番号 070-5255-5443

フォトギャラリー

お薬を使わない診療所

名古屋まごころ診療所

みんなで作り上げた、みんなのための診療所ができました。

みんなで作り上げた
みんなのための診療所ができました。

新着・お知らせ

わたしたちの思い

多くのママたちが、社会的に診断書を求められる場合や、学校に提出する書類が必要な場合も多く、それらを書いて下さる信頼できるクリニックがなかなか無く、また、そのために行ったクリニックで投薬を勧められたり、無駄な検査に回されたり、予防接種していないと叱られたり・・・。そんな事が続いたりすると、やっぱり子育てのママたちは、落ち込んだり、本当に自分の選んだ道は間違い無いのか?と不安になったり。。

そんな姿をずーーっと見て来ました。

また、発達障害の疑いという名目で、精神科受診や投薬を勧められ、そのままクスリ漬けになる子どもたちも見て来ました。本当にクスリなんて必要無い子どもたちなのに。学校や公的なところから、子どもを診察に!と勧められて、行く先のクリニックでクスリ漬けになるかどうか?が決まります。学校や保育園や幼稚園から、アトピーが酷いから医者へ行ったら?と言われ、行く先の医師で対処が変わるんです。受け皿が無いと、ママも行き場が無いんです。

だから、この診療所を作りました。

皆さまが欲するものを、提供出来れば、と思っています。
どうぞ、日本一身体の自己治癒力を発揮させる診療所を、皆さまのために活用ください。

名古屋まごころ診療所
事 務 局 長   比嘉    浩二
マネージャー  比嘉眞紗子

担当医紹介

Image module

■院長:増田さやか(精神科医)
■プロフィール:
・1989年   奈良県立医科大学 医学部 卒業
・1989年6月〜10月  浜松医科大学医学部附属病院 精神科
・1989年11月〜1990年3月  神経科浜松病院 精神科
・1990年4月〜1990年8月  聖明病院 精神科医
・1990年9月〜1997年11   京ヶ峰岡田病院 精神科
・1997年〜1998年   糸満晴明病院 精神科
・1998年4月〜2005年3月   小曽根病院 精神科
・2005年4月〜2015年4月   京ヶ峰岡田病院 精神科医

Image module

■副院長:田中佳(内科医)
■プロフィール:
・1985年 東海大学医学部卒業
・1990年 同大学付属病院脳神経外科助手、その後市中病院にて急性期医療に携わる
・1994年 悪性脳腫瘍の研究により、医学博士取得。日本脳神経外科学会認定専門医
・2009年 日本抗加齢医学会認定専門医
・2012年 直傳靈氣療法師(じきでんれいきりょうほうし)
・2013年 整膚師(せいふし)
・2017年 ISBA(国際シンギングボウル協会)上級認定および認定プレーヤー
・2018年 ドクターホメオパス(ハーネマンアカデミー卒業)現在は主に、全国で健康になるための方法を伝える講演活動に取り組む。

Image module

■非常勤医師:田中 一(医学博士)
■プロフィール:
・1994年 和歌山県立医科大学卒業、第二外科(消化器外科)入局。手術、抗がん剤などの通常治療、がん免疫療法の研究に携わる。和歌山医大大学院卒、米国Vanderbilt大学医学部研究員(腫瘍免疫学部門)、国立南和歌山医療センター外科担当。
・ 2004年 赤目養生所 所長
・2008年 きのくに漢方クリニック 開設。
・2008年~和歌山YMCA国際福祉専門学校 介護福祉科 非常勤講師
・2010年~ケール健人の会 顧問
・2010年~e-クリニック スタッフ医師
・2011年4月~ IGTクリニック 非常勤医師
・2011年6月~ 伊賀有機農業推進協議会 顧問
・2014年2月~2015年10月JA和歌山 産業医

アクセス・お問合せ

名古屋まごころ診療所
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅5丁目31-5
総合案内番号 070-5255-5443

フォトギャラリー